不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519

高校生の不登校の解決には、通信制高校コースがあります

高校生の不登校は、お子さんの心身の回復をはかるために必要な対応と、出席日数を確保するため登校を促すという対応が、ときに矛盾を生み、上手くいかなくなることがあります。

私たちは、通信制高校の仕組みを活用し、不登校に悩む高校生が、心理的安定度を高めながら、単位の取得ができる通信制高校コースをスタートさせました。

3つの特徴

1.無理なく通学を目指していけるシステム

通信制高校との提携により、キャンパス(神楽坂校・尼崎校)がスクーリングの会場として認可されました。
最短年間10日間の通学のみで、スクーリングが完結する通いやすさが実現できました。
まずは訪問支援からスタートし、家庭でレポートを進め、スクーリングには外出同行を利用することも可能です。
自分のペースに合わせて無理なく、週5日までの登校日数を増やしていくことも可能です。

2.個別・少人数制の授業

基礎学力の習得から大学受験対策まで、ひとりひとりの習熟度に合わせてカリキュラムを組むため、「授業についていけない」と焦ることなく、安心して学べます。
個別・少人数の授業であるため、チューターと同世代の生徒との密度の高いコミュニケーションを育むことができ、主体的に学ぶ学習姿勢を身に着けることができます。

3.同世代との自然な交流

同世代の生徒との交流が苦手なお子さんも、毎月開催されるキャンパスイベントを通じて、新しい人間関係を自然に広げていくことができます。
交流を通じてできた人間関係が、登校日数を増やす動機にもなっています。
またキャンパスイベントに参加した時間は、3年間で30時間必要となる通信制高校の特別活動の時間に算入することができます。

※提携先の通信制高校の制度等については、別途ご説明させていただきますので、詳しくはお問合せ下さい。

ひとりひとりの今に合わせた個人別時間割

高1男子

週に1日、時間を決めて通い始めたことで、生活にメリハリがつき、家で勉強するよりも集中できています。リフレッシュタイムには、集まったみんなで和気あいあいとボードゲームをしたり、良い息抜きの時間になっています。

通学をきっかけに今までできていなかった外出もできるようになりました。

boy_1st_timetable

高3女子

週3日、午前中から通うペースを作ったことで、お昼以降の時間も活動的になり、一日を有意義に過ごせるようになりました。

チューターの方は普通の学校の先生とは違い、また「スタディパートナー」とも違った、ちょうど良い距離感の存在です。良い刺激をもらいつつ、自主性を大切にしながら学べています。

girl_3rd_timetable

家学からの大学合格実績

これまで高校生をご支援させていただく中で、多くの生徒が確かな学力を身に着け、進学を果たしました。

平成25~29年度大学入試 合格実績

【東京家学】

早稲田大学/国際基督教大学(ICU)/法政大学/成城大学/日本大学/東洋大学/拓殖大学/二松学舎大学/大正大学/東海大学/東京都市大学/文化学園大学/大東文化大学/武蔵野美術大学/多摩美術大学/東京工芸大学/千葉大学(国立)

【関西家学】

神戸女学院大学/大阪経済大学/大阪成蹊大学/奈良大学/兵庫教育大学(国立)