13年の実績3,000名以上を支援不登校専門の家庭教師

お子さんと信頼関係を構築して、勉強・外出・登校再開などをサポート。親御さんとの連携・サポートも万全。

相談予約・資料請求
お子さんの写真 お子さんの写真

キズキ家学は不登校専門の家庭教師です

不登校専門の家庭教師が学習指導だけでなく、メンタル面・生活面でもサポート。親の関わりだけでは難しい問題の解決をお助けします。

  • 学校には行けないけど、勉強の遅れを取り戻したい
  • 反抗期で親子のコミュニケーションがうまくいかない
  • 家でスマホやゲームばかりしているのが気になる
  • 子どもが変化するきっかけがほしい
  • 子どものやる気や体調に合わせたペースで指導してほしい

矢印

ご家庭の状態やご希望をもとに、
お子さんが変わるきっかけを提供します

キズキ家学の特長

お子さんにも親御さんにも、味方や、話し相手や、相談相手が必要です。キズキ家学は、勉強を教えるだけの家庭教師ではありません。
趣味の共有・雑談・外出同行・カウンセリングなどの様々な関わりで、家庭だけでは難しい「変化のきっかけ」を、親子双方にご提供します。

お子さんの複雑な心を開きます

お子さんが親御さんや学校の先生に心を閉ざして困っていませんか?
キズキ家学の家庭教師は、お子さんと年齢が近い大学生が中心です。だからこそ、親御さんや学校とは異なり、よきお兄さん・お姉さん・先輩として、お子さんが本音を話すこともできます。
まずはお子さんの趣味を共有してコミュニケーションを行い、信頼関係をつくり、安心感と自信を養います。お子さんが心を開くようになったら、「勉強や外出を一緒にやってみよう」と、次のステップに誘います。「自分がもう少し大人になったら、こんな人になりたいな」というロールモデルにもなります。

お子さんの心を開きます

親御さんの悩みを解消します

お子さんとどう話せばいいのか、お子さんが何を考えているのか、スマホやゲームとどう向き合えばいいのか、感情が安定しないお子さんをどうしたらいいのか、わからない…。
キズキ家学の家庭教師は、親御さんの不安とお子さんの気持ちを汲み取り、親子の架け橋になります。授業の前後では、お子さんの様子や変化を聞くこともできます。
また、不登校の心理・事例に詳しい教育コンサルタントから、親御さん向けの、お子さんの見守り方、家族同士の関わり方、社会との関わり方などのレクチャーを受けることもできます。

親御さんの悩みを解消します

「勉強したい」を引き出します

一人では勉強できない、勉強のやる気が出ない、勉強習慣がない、発達に特性がある、そんなお子さんでも大丈夫です。無理のないペースでお子さんが興味を持てるように指導します。達成感の積み重ねで学習意欲が上がり、登校再開・進級・受験などの「次の一歩」に進めます。
指導内容は、基礎からの学び直し、勉強習慣の定着、登校再開時の授業への準備、定期試験・受験対策など、学力や目的に応じて全教科対応。進路相談ももちろん可能です。

お子さんに合わせて学習指導します

お悩みの方はまずは無料相談へお越しください

相談予約・資料請求

簡単1分で完了

0120-859-519
平日10:00 ~ 18:00)

お電話でのご相談も歓迎です

首都圏・関西・オンライン(全国)で受講が可能です

受験対策など通学型での本格的な学習をご希望の場合は1対1の個別指導塾キズキ共育塾へ

詳しくはこちら

体験談

お子さんとの丁寧な関係づくりが、お子さんの変化や成長につながります

家族に反抗的だった息子が、家学の先生には心を開き、登校を再開できました

息子は他人とのコミュニケーションと勉強が苦手で、小3の夏休み明けから不登校になりました。不登校になってからは、イライラやこだわりが強くなり、外出も難しい状態でした。
その上両親に反抗的で限界を感じていたので、家学の利用を開始しました。

最初のころの息子は、スタディパートナー(家庭教師)のSさんが来ても、勉強を嫌がっていました。そこでSさんは、息子の好きなボードゲームやサッカーなどを行い、徐々に信頼関係を築いてくれたんです。

次第に息子はSさんの訪問がとても楽しみになり、「勉強を始める」という提案も受け入れるようになりました。おかげで、不登校中の勉強を取り戻すことができました。

また、会話やゲームはコミュニケーションの練習になって、かんしゃくを起こすことが減り、家族関係にも役立ちました。勉強とメンタルが安定してからは、Sさんにも同行してもらって、慣らし登校を始めました。

久しぶりの登校で不安もあったようですが、帰宅後に学校での出来事をSさんに話して心を落ち着かせていました。登校ペースは徐々に増えて、小5の今ではほぼ毎日登校するようになり、クラスメイトと遊ぶことも増えています

宿題や勉強にも、集中して取り組めるようになりました。Sさんには今でも来てもらっていて、親の私もとても感謝しています。

今の息子は学校でストレスを溜め込んで帰ってくることもありますが、Sさんと学校の話をすることが発散になって、苦労しながらも登校が続けられているのだと思います。

一覧に戻る

娘だけではなく、親の私にとっても、訪問がどれほど支えになったかわかりません

娘は、中高一貫校に入学してすぐに、クラスメイトとのトラブルがきっかけで不登校になりました。自宅では好きなことをして過ごして外出もできていたのですが、学校には行けず、どうしたらいいのか悩んで家学の利用を開始しました。

最初は、教育コンサルタント(カウンセラー)の方による訪問支援です。訪問開始直後の娘は、知らない人が家に来ることが不安を見せていましたが、教育コンサルタントの方が娘の好きなことを一緒に取り組むことで、不安を解消してくれました。

また、娘の心理検査や知能検査を行うことで、親の私も娘のことが客観的にわかるようになり、娘への接し方がわかるようになりました。

次に、スタディパートナー(家庭教師)のNさんにも訪問してもらうようにしました。訪問開始からしばらくは、娘と私とNさんの3人で交流を深めて、新たに信頼関係を築いてくれました

次第に娘とNさんだけの交流も可能になり、勉強を簡単な内容から再開しました。娘は、Nさんとの授業でコミュニケーションと勉強に次第に自信をつけていき、慣らし登校や学校の先生との面談にチャレンジできるようになりました。

中2の今では、ほぼ毎日登校して部活にも参加しています。

授業の復習や宿題にも取り組むなど、勉強習慣も身につきました。あせってばかりいた私に取って、教育コンサルタントとスタディパートナー(家庭教師)の訪問がどれほど心の支えになったかわかりません。

親のための土曜講座では個別の質問にも対応してくれ、娘の気持ちにいっそう寄り添えるようになりました。今でもNさんには来てもらっていて、娘は学校の悩みなどを相談しています。

一覧に戻る

「高校中退して大学も行かない」と言っていた息子が、今では受験勉強にはげんでいます

進学校に入学した息子は、優秀なクラスメイトと自分を比べることで、徐々に自信を失い無気力になっていきました。そして2年生の夏休み明け、学校の先生とのトラブルをきっかけに不登校になりました。クラスメイトとは一切連絡を取らないし、「高校はやめる。大学進学もしない」と言い始めるしで、どうしたらいいのかわからずに家学の利用を開始しました。

スタディパートナー(家庭教師)のTさんは、はじめは雑談やボードゲームを息子と行っていました。それでいいのだろうか…と思っていたのですが、今から振り返ると、それを通じて息子との関係性を築いてくれていたことがよくわかります

タイミングを見計らってTさんが自分の通っている大学のことを息子に話し始めたことで、息子は、大学進学に再び興味を持ち始めました。息子が、年の近いTさんをお兄さんや先輩のように慕っているのがよくわかりました。

そして、大学進学のためには高校卒業か高認取得が必要だと思った息子は、高校卒業(登校再開)を選択し、徐々に登校を再開していきました。今ではTさんの通っている大学を目指して受験勉強に励んでおり、Tさんにも「受かったら後輩ですね!」と楽しそうに話しています。

また、登校再開後は学校行事にも積極的に参加するようになり、充実した高校生活を送っています

Tさんに同行してもらって大学見学にも行き、受験勉強のモチベーションを高めています。最近は心の余裕からか、家族に対しての気遣いも見られるようになり、家庭の雰囲気も明るくなっています。

一覧に戻る

コース紹介

スタディパートナー(家庭教師)がご家庭を訪問し、お子さんの勉強とメンタルをサポートします。親御さんや学校の先生とのコミュニケーションがうまくいかないお子さんでも話しやすい20代の若手パートナーが中心。お子さんを緊張させず、心を開いてもらい、またロールモデルとなって成長を無理なく支える存在です。
授業の前後で、親御さんとお話しする機会をつくるので、授業の様子や本人の変化についてすぐに聞くことができます。

訪問の頻度・時間は週1回90分/120分、週2回90分/120分の4つからお選びいただけます。

コミュニケーション支援

不登校を経験した方の中には、「人見知り」、「人間不信」、「コミュニケーションが苦手」という方も多いかと思います。キズキ家学は、まずは何気ない雑談からスタートして、信頼関係を築くことを大事にしています。お子さんが心を開くようになったら「外出や勉強を一緒にしてみよう」など次のステップに誘います。

学習指導

お子さんのその日の体調・学習レベル・発達特性などを考慮した指導で、無理なく学習の遅れを取り戻すことができます。楽しく・無理なく勉強に取り組めるような働きかけをするため、勉強嫌いのお子さんでも大丈夫です。小・中・高主要5教科すべてに対応しており、「まずは得意な教科から」、「苦手な科目を克服」など様々なご要望にお応えします。

カウンセリングコースでは、専門のカウンセラー(教育コンサルタント)に、お子さんとの関わり方、学校との連携方法、親御様自身のお悩みや不安の相談ができます。お子さんとの接し方や効果的な関わり方について、経験豊富な教育コンサルタントがレクチャーします。
また、スタディパートナーコースと併用することによって、親御さんから相談いただいた内容を踏まえたお子さんへ指導をすることが可能になります。

カウンセリングの頻度・時間は月1回60分、月2回60分の2つからお選びいただけます。

親御様自身の悩みのご相談

お子さんが不登校になった際に、お子さんへの接し方がわからずお悩みになる親御さんは少なくありません。「本人の気持ちが安定しない」、「昼夜逆転でゲームやスマホばかり」、「親自身が本人との関わりで疲れてしまう」など、何でも相談ください。誰にも話すことができない親御さん自身の悩みに教育コンサルタントが寄り添います。

本人への効果的な関わり方のレクチャー

お子さんとの効果的な関わり方を専門の教育コンサルタントが3000名以上の不登校を支援してきたノウハウに基づき、レクチャーします。親御さんがお子さんの気持ちや行動の意味に気づけるようになり、親御さんの行動が変化することによって、お子さんの気持ちや行動にも変化が見られるようになります。

受験対策など通学型での本格的な学習をご希望の場合は、キズキグループが運営する1対1の個別指導塾『キズキ共育塾』をおすすめします。
キズキ共育塾の詳細はこちらのWebサイトをご覧ください。

共通オプション

単発カウンセリング

単発で専門の教育コンサルタントへの相談を受けることができます。ご自宅への訪問でのカウンセリング、来社・オンラインでのカウンセリングを選ぶことができます。

外出同行

外出が苦手なお子さんと、進学を希望する高校・大学の見学や博物館・美術館などのレジャーへの同行をします。半日プラン(2.5~4.5時間)、1日プラン(4.5~7.5時間)の2つのプランから選ぶことができます。

無料相談・体験授業について

無料相談を実施しています
まずはお悩みをお聞かせください

キズキ家学では、ひとりでも多くの不登校にお悩みの方のお力になりたい、お子さんと家庭教師の相性を確かめてからスタートしていただきたいという思いから、無料での相談・体験授業を実施しています。ひとりで抱え込まずまずは一度ご相談ください。

相談・体験を予約する

入学の流れ

1

お問い合わせ

まずはお問い合わせください。
ご相談の日時を調整します。

2

ご相談

お子さんについてしっかりお話をお伺いします。 その上で、必要な支援と家学の支援体制をご説明します。

3

体験授業

お子さんとスタディパートナーとで体験授業を行います。スタディパートナーとの新たな時間を持つことで、次のステップにつながるよう促します。

4

訪問支援スタート

体験授業にご納得いただければ、利用開始の手続きをしていただき、本格的な訪問支援を開始します。

お悩みの方はまずは無料相談へお越しください

相談予約・資料請求

簡単1分で完了

0120-859-519
(平日10:00 ~ 18:00)

お電話でのご相談も歓迎です

首都圏・関西・オンライン(全国)で受講が可能です

よくある質問

キズキ家学の家庭教師(スタディパートナー)は、不登校のお子さんとのかかわり方やアプローチ方法について十分に研修を受けた人たちです。 お子さんが話しやすいような若手のスタディパートナーが多く在籍しています。

可能です。スタディパートナーは、扉越しでの声かけや、メモを用いた筆談、置手紙等の方法で、コミュニケーションを図るところからご支援いたします。

一緒に遊んだり、会話をしたり等のコミュニケーション中心の授業から、本格的な受験勉強まで、お子さんのご状況に合わせて適切な授業内容を設定いたします。

関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西(大阪、兵庫、京都、奈良)に派遣実績がございます。詳細はお問合せください

お問合せいただいた方に送付している電子パンフレットに記載しております。 こちらからお問合せ下さい

月に1回、保護者の方からのご相談を伺うカウンセリングコースがございます。カウンセリングは不登校支援の経験を十分に積んだ教育コンサルタントが担当します。 入会前の無料相談についても、保護者のみでも承っております。

新着情報