不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519

中学生の不登校への取り組みの実践

不登校の原因を理解する

中学生という年頃は不登校の子どもたちに限らず、親の前で自分の気持ちや考えを話すのは難しい時期かもしれません。しかし、ただでさえ不登校の子どもたちは学校に行かないことで自分を責めています。親の目から見て明らかに落ち込んでいる場合もありますし、逆にそれが反発や攻撃性という形で現れることがあります。ここで重要なことは、たとえお子さまが心を開いてくれなかったとしても。言葉にできない思いを抱いていることを家族全員が理解しようとする姿勢です。学校に「行けない」ことと「行かない」ことは違うのだということを家族全員が自覚し、受け容れることが最初のステップになります。それは今後どのような支援を受けるにしても、家族の理解は欠かせないのです。

不登校という課題に取り組み

不登校という課題に取り組む際に原因を理解することは重要ですが、実際に不登校に至ったきっかけとなる出来事を話させることとは違います。このきっかけのことを誘因と呼びますが、それを明らかにすることよりも、お子さまの置かれている状況や「行きたくない」という気持ちを整理して考えてみることが重要です。保護者の方の対応だけで解決する場合ももちろんありますが、親子というのは特殊な関係であり、第3者の存在の方がより深く話せるということもあります。家学の支援ではお兄さんお姉さん的立場として信頼関係づくりを通じて、気持ちを整理するというところから始め、学校生活や進路にとって重要な勉強の指導を行い、子どもたちを導いていきます。