不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519

スタディパートナー

スタディパートナーはナナメの関係から支援する存在です

気持ちを理解し一緒に頑張る存在

ご訪問するのは「スタディパートナー」と呼ばれる、現役の大学生・大学院生です。お子さまとの間に、家庭における親子というタテの関係でもなく、学校の友達とのヨコの関係でもない、ナナメの関係を築くことができる存在です。

ナナメという関係は、従来のタテやヨコの関係と異なり、緊張を強いることがありません。そのため心を開きやすく、スタディパートナーの年齢が将来のモデルとしてとらえやすいこともあり、お子さまの心理発達を無理なく促していくことができます。

スタディパートナーの採用においては、自他ともに肯定的に考え、相手の気持ちを共感的に理解できる人物を厳選します。お子さまへの接し方について研修をうけ、お子さまの現状をきちんと共有した上で実際の指導に臨みます。

勉強を教えるだけでなく、お子さまとスタディパートナーの間で信頼関係を作り、同世代との仲間作りができるよう、少しずつ外の世界への興味を喚起していきます。

教える力と支える力

スタディパートナーは国立大や早慶上智、関関同立の現役学生を中心に、高い学力を持った大学生が多数登録しています。

1対1の学習指導に重要な技術を事例やスーパーバイズを通して学び続けます。支援を通しても、ひ
とりひとり違うお子さまのそれぞれにとって最適な教え方を考え続けていきます。最善な教え方にたどり着くまで「もっとこうしたらわかりやすいかもしれない」と常に改善を心がけ、よりよい授業を目指しています。

スタディパートナーは常にお子さまを受け入れ、励まし、勇気づけ、また楽しませながら、目標までお子さまを支えていきます。

一緒に行動を起こす

多くのお子さまの場合、「やらなきゃ…」という思いと「やりたくない!」という気持ちとの間で板挟みになって動けなくなってしまっています。大切なのは、言って聞かせることではなく、「一緒にやってみよう」と誘って、少しずつ一緒に行動を起こしていくことです。「一緒ならできるかもしれない」と思ってもらうことで行動が変わってきます。

スタディパートナーの研修

スタディパートナーは研修によって知識と技能の向上をはかっています

初任者研修

スタディパートナーは採用後、訪問開始にいたるまでに不登校の支援について必要な知識と技能
の習得をするために研修を受けています。

知識と技能の教授は、当社の教育コンサルタントが担当しています。

この研修内容は、内閣府の定めたアウトリーチ(訪問支援)研修の内容の基本をもとに、スタディパートナーという年齢が近い支援者だからこそ効果的な役割などについて、家学独自の経験と振り返り
の積み重ねを加えているものです。

中級者研修

支援環境にはひとつとして同じものはありません。家学独自の支援知識・技能は常に見直していますが、初任者研修のみで対応できるものではありません。

訪問支援開始後もなかなか外出することができない、慣らし登校を開始してもたびたび人間関係のトラブルに見舞われる、高校受験をしたいが内申点が足りないなど、より個別直接的なケースについては、随時、中級者研修を行なっています。

専門家との連携

東京家学では、支援を受けるお子さまと、支援を行うスタディパートナーの年齢の近さゆえに導かれる他では得られない経験を研修内容に反映し、具体的な実践を、広い範囲で活用できる理論として組み立てるために、スタディパートナーと教育コンサルタントが常に報告・連絡・相談できる環境を整えています。

スタディパートナーからのメッセージ

浅田 薫慶応義塾大学

経済学部

「相手の気持ちになって考え、理解しよう」などと簡単に言われていることが、なんて難しいんだ!スタディパートナーになって一番痛感したことです。生徒さんの気持ちに近づくためには隣に座り、耳を傾けることが大事なのだと日々実感します。そうすることで、その子の魅力や成長、自分の欠点をも発見できるのです。毎日生徒さんがもがき、成長し、うまく行かないことに悩みながら生活している隣で、私はパートナーという名の通り、この先も一緒に悩み、成長しながら歩んでいきたいと思っています。

岡部 正太日本大学

生物資源科学部獣医学科

スタディパートナーを始める前から個別指導塾の講師を続けており、そちらは今年で5 年目になります。個別指導塾では勉強以外にも生徒から私生活での相談を受けることがあり、勉強という枠にとらわれず何か子どもたちの力になれることはないかと考え、スタディパートナーを始めました。訪問させて頂いているお家では半分以上の時間は趣味や好きなことについて話していますが、好きなことを話している子どもたちは活き活きとしてとても輝いているように見えます。楽しい時間を共有し、時には一緒に悩む、塾でも家庭教師でもない、ナナメの関係で子どもたちの力になれればと思います。

藤井 海陸横浜国立大学
理工学部数物・
電子情報系情報工学EP

現在は小学生から高校生の3 人の生徒さんを持っています。最初の訪問の時は緊張しすぎて、生徒さんと同じくらい緊張していたと思います。しかし今ではお互いの緊張も解け、一緒に楽しく休憩時間に会話をしたり遊んだりもしています。先日、「藤井先生が来てくれて良かった」と生徒さんに言ってもらえてとても嬉しかったです。これからも勉強をしながら一緒に楽しい時間を共有できたらいいなと思っています。

藤井 隆人大阪教育大学

サッカー、ベイブレード(ベーゴマ)で本気の勝負、気晴らしのUSJ、金閣や清水寺など京都観光、一緒に決めたやつをコツコツやろう!と本屋に問題集を買いに行く、好きなテレビ番組について二人で語りあう。本当にお互いの距離が近いからこそ出来ることがあります。もちろん遊んでいるだけではありません。こういった活動のなかで素直な悩みや疑問を気軽に話しやすい環境づくりをしています。時間をかけて、今まで目をそらしていたこれからの未来(進路)、今だからこそ出来ることは何なのか、といったことを何度も考え直すことで、本人自ら何をすべきか、何ができるかと決断できるようにサポートしています。

中野 雄斗関西学院大学
教育学部

スタディパートナーは無理矢理学校に行かせたり、ただ勉強を教えたりすることが仕事ではありません。子どもにとって1 番良い方向に導いていくのがこの仕事だと考えています。そのため、90 分の時間の中で子どもと話す時間を1 番大切にしています。ただ話を聞くだけではなく、自分のことを話す時間も重要です。子どものことを少しでも多く知るためには自分のことを子どもに知ってもらう必要があるからです。子どもが僕のことを頼ってくれていると感じる瞬間に喜びを感じています。

新川 瑤子早稲田大学
人間科学部

高校二年生の生徒のスタディパートナーをやらせてもらっています。最初は彼女との間に壁を感じることもありましたが、1 年経った今では彼女の方から悩みや最近の趣味、今日あった出来事など本当にたくさんのことを話してくれるようになりました。2 人で買い物やオープンキャンパスにも行きました。友達のように一緒に笑いあう時間もあれば、時にはお姉さん的な存在としての自分の経験談やアドバイスをする時もあります。家族や友達とはまた少し違った関係ですが、寄り添っていられる存在でありたいです。沢山の喜びを感じられるスタディパートナーをやって本当に良かったです。

前田 友子日本女子大学

私は今、小4 の女の子を担当しています。週に1回家で勉強やお話、時々工作などをして、楽しい事と頑張ることを一緒にやっています。夏休みには東京家学のバーベキューに2 人で参加しました。新しく友だちができた喜びや、遊びの中ならではの楽しさをともに満喫しました。まだまだ試行錯誤も多いのですが、生徒さんが少しでも自分に自信を持てるように、たくさんのいいところを発見し、それを伝えることをいつも大切にしています。生徒さんのためだけでなく、自分自身も訪問するたびに学ぶことが多くあり、毎回の訪問がとても楽しいです。

笹村 泉立教大学
文学部
文学科・日本文学専修

現在は2 人の生徒さんを担当させて頂いております。自分に出来る事は何だろうかと悩んだりもしましたが、共に時間を過ごしていく中で私自身が多くの事を教わり、ただ一緒にいるだけでもちょっと気が楽になる、ほんの小さな悲しみや喜びも一緒に共有し合える、そんな存在になりたいと思うようになりました。訪問を重ねるたびに彼女達の新たな一面や魅力を知り、少しずつ前向きに進んで行こうとする姿を近くで見守っていける事は私にとって大きな喜びです。これからも姉のような気持ちで寄り添いながら、生徒達と共に成長していけたらいいなと思っています。

稲穂 燿専修大学
法学部法学科

「不登校」というと聞こえが悪いかもしれませんが、学校に馴染めない、友人とうまくいかない、勉強が遅れる、これは誰もがいつ抱いてもおかしくないとても大きな悩みです。私はそういった意味で不登校は「あたりまえ」のことなのだと思います。スタディパートナーとして生徒さん一人一人と向き合う中で、それぞれが誰にも負けない「良さ」を持っているということも強く感じています。ある時は勉強を教える先生として、あるときは相談にのるお兄さんとして、そしてある時は喜びを共有する友達として、生徒さんと過ごす時間は私にとっても宝物です。