不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519

高校生の不登校への取り組みの実践

不登校の原因を理解する

ここ高校生のカテゴリーでは具体的な対応策について述べて来ましたが、不登校の子どもたちが心に課題を抱えているという点では、小学生も、中学生も高校生も同じなのです。大切なのは不登校に至った阻害要因を家族が理解し、どうしたら克服できるかを家族全体で考え支えて行くことです。年齢が上がれば上がるほど、胸の内を家族には話しづらいということがあるかもしれません。そして家族に何も話さず自分の好きなことばかりをして学校に行かないという姿が見受けられると、どうしても「サボっているのではないか」という思いがこみ上げてきてしまうこともあるかも知れませんが、子どもたちの多くは、自分も周りのみんなと同じように、同じ舞台で活躍したいという思いを持っています。ただそれを諦めてしまっているか、その気持に気づかないようにしている、つまり自分が傷つかないように無気力になっているという場合がとても多いのです。

不登校という課題に取り組み

家族との対話の中から原因を理解し、それに対処するということが難しい場合、第3者の協力が必要です。メンタル面のケアが必要な場合はカウンセラー、進路についての助言が必要な場合は学校・市町村の教育相談窓口などがありますが、子どもにとって抵抗感があるときなどは物事がうまく運ばないことがあるでしょう。家学では大学生が年齢の近いお兄さんとして、友達として、カウンセラーとして、そして先生として、対話の中から将来の方向性を一緒に考えて行くことを提案します。家庭だけでは転入学や高校卒業程度資格試験などの情報を収集するのは大変ですので、専門知識を持ったスタッフがどういった選択肢があり、どう行動したらいいのかのコンパスとなって目標達成の支援を行います。