不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

不登校専門の家庭教師 不登校の小学生・中学生・高校生を支援

無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519無料電話相談(平日10:00~21:00) 0120-859-519

小学生の不登校への取り組みの実践

不登校の原因を理解する

まずは学年ごとに小学生の子どもたちを取り巻く環境を並べて来ましたが、重要なことは不登校になった原因や状況をしっかりと把握することです。不登校の原因がはっきりしているものから、なかなか話そうとせず不登校の原因がつかめないものまで百人百様、千差万別ですが、話そうとしないなら話せないということ自体を周囲の大人たちがその気持ちを理解するところから始めます。学年が上がるにつれ、学習の躓きや遅れは再登校への2次的な障害になりますから、学習の支援も念頭に置いた支援が重要になります。

不登校という課題に取り組み

不登校という課題に親子だけで取り組み、解決することは理想的ですが、第三者の協力が必要な場合がほとんどです。カウンセリングや教育相談を始めとして、心療内科、精神科などを利用しながら解決への道を進まれる方も多いですが、家学では家庭の中に、第三者、それもお兄さんやお姉さん的存在として入っていき、子どもたちの悩みに耳を傾けるカウンセラー的役割を通して、自分への自信を取り戻す支援を行います。さらに再登校の二次的なハードルとなる学習についても指導を行うことによって自信回復の相乗効果をねらいにしています。またスタディパートナーと呼ばれるお兄さんお姉さん的存在は子どもたちの将来のお手本となるような効果を持っています。現在は不登校と言われている子どもたちに自分も変われるかもしれないという希望を与えます。