カウンセリングや土曜講座など、保護者の方へのサポートも充実

お子さんの成長を知っている~家学のカウンセリング

カウンセリングのメリット

支援を始めるときには、親御さんとのカウンセリング(無料相談)を通して、お子さんの状態を見立て、教育計画をご提案しています。
親御さんのかかわりやスタディパートナーの支援によってお子さんの状態像が変化をしてきた場合には、最初に立てた教育計画は変更されて行きます。

お子さんに変化がある時に親御さんとのカウンセリングを実施することで、家庭での様子と訪問や通所の支援の中での様子を総合しつつ、状況を整理し直すことができます。
お子さんの次の段階の回復や成長のために必要なことがより正確にわかり、「次に何をしていくか」という具体的な行動目標を立てやすくなります。
また膠着状態などあまり変化が見られないように思われるときも、親御さんとのカウンセリングから、見過ごされそうになっていた新しい事実や、実は重要な変化がわかり、解決の糸口が見いだせることも少なくありません。

家学はお子さんへの直接の支援とカウンセリングを含めた保護者サポートが一貫して行なえるため、相談だけに終わらず、行動に結び付けることができることが強みです。

カウンセリングの使い方

所見書(お子さんの支援計画書)の作成
お子さんの状態や家庭環境、学校とのかかわりや、進路について考える必要がでてきたときなど、状況の変化が出てきた際のご利用がおすすめです。
定期(毎週や毎月など)の予約をおすすめするものではありませんので、相談されたいこと、判断に困ることが出てきた際にお問合せください。

カウンセリングメニュー

無料相談・無料訪問面談(カウンセリング) 60分 0円*支援開始時
カウンセリング 60分 7,020円(税込)
訪問カウンセリング 60分 12,960円(税込)+エリア別交通費

不登校を学ぶセミナー 土曜講座

不登校を解決していくためには、保護者の方の家庭でのかかわりと第三者のかかわりがそれぞれ必要です。
お子さんの言動をどのように理解し、どのようにかかわって行くかということについて毎月1回セミナーを定期開催しています。
心理的・情緒的なことだけではなく、家庭での生活のポイント、学校とのかかわりや進路選択、人間関係力の育成など、お子さんを学校復帰に導くための取り組みについてお話ししています。

【メール相談について】

お子さんについての様々な相談について、メール&電話でのサポートもあります。

メール相談について

お子さんの様子や支援についてのご相談、ご質問、ご要望など、一問一答でお返事できる内容に関してはメール相談にて受け付けています。

●週に1回の相談となります。
●原則3日以内に返答します。
●相談の内容によっては「電話相談をご予約ください」とお願いすることがあります。どうしてもメールでは説明が難しいこと、時間がかかることに関しては、当方からお電話での相談をおすすめする場合がございますのでご了承ください。
●メールでの質問数は基本的には1回につき2~3問がベースとなります。質問数が多い場合は電話相談へ切り替えての対応となる場合がございますのでご了承ください。

不登校を学ぶセミナー 土曜講座

お子さんへのかかわり方など、メールの文面のやり取りでは伝わりにくいご相談内容については電話相談にて承ります。

●月に1回、30分1コマ限定となります。
●相談前は、必ずお電話にて当社にご連絡を入れていただき、電話相談の予約をエントリーしてからの相談となります。突然お電話をいただいても対応できませんのでご了承ください。
●電話相談の際の資料の提供は原則3日前までに指定のメールアドレスまでお送りください。
●30分以上になる内容やどうしても電話ではお答えすることが難しい内容については対面のカウンセリングのご予約をお願いする場合がありますのでご了承ください。