小学生の不登校、相談窓口を一覧紹介|相談するメリットも解説します

こんにちは、不登校の小学生・中学生・高校生を支援する家庭教師・キズキ家学(やがく)です。

小学生の子どもが不登校なのですが、どこに相談すればいいかわからなくて……

昔に比べると、不登校について相談できるところは大きく増えました。

ですがそのため、「相談窓口や支援団体が多くてわかりづらい」という声もお聞きするようになりました。

この記事では、小学生の不登校の子どものことを相談できる窓口や支援団体を、整理してわかりやすく紹介します。

お子さんのことを親だけ(ご家庭だけ)で抱えずに、相談機関やサポート団体を利用することは、とても大切です。

この記事でわかること

  • 小学生の不登校を相談するメリット
  • 小学生の不登校の相談先
  • 最初に頼るべき相談先
  • 相談をするときの注意点

小学生の不登校のお子さんの相談先でお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

私たち、家庭教師キズキ家学(やがく)は、不登校のお子さんを、13年間で3,000名以上サポートしてまいりました。キズキ家学は不登校についての無料相談を行っており、親御さん自身のお悩みもご相談いただけます。少しでも気になるようでしたら、お気軽にご連絡ください

小学生の「不登校」の公的な定義など

チェックシートの画像

まずは、文部科学省による公的な「不登校の定義」を確認しましょう。

公的な定義を知ることで、公的な資料や支援団体などが使う「不登校」という言葉の意味がわかるようになります。

既にご存知の方や興味がない方は、次章「小学生の不登校を相談するメリット5点」まで進んでいただいて大丈夫です。

①不登校の定義

国(文部科学省)は、「不登校」の定義を次のように定めています。

何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いた者

この定義では、次のような子供は不登校には当てはまりません。

公的な不登校に当てはまらない例

  • 年間の欠席が29日以下の人
  • 病気が原因で学校に行けない人

②不登校の定義から外れても、相談はできます

OKマークをしながら通話する女性

「不登校の定義」から外れる場合、相談はできない、すべきではないのでしょうか?
そんなことはありません。年間の欠席日数が29日以下でも、不登校の傾向が見られるようなら、サポート団体に相談することが大切です。

後で紹介する専門機関や民間のサポート団体の多くは、公的な定義から外れていても、無料相談を受け付けています。

ポイント

  • 欠席日数に関わらず、「学校が苦手なお子さん」については、相談機関やサポート団体に話をしてみましょう。

小学生の不登校を相談するメリット5点

電球イラストと説明する手

小学生の不登校について相談機関やサポート団体に話をするのは、ハードルが高い気もします。相談には、どんなメリットがあるのでしょうか?

この章では、相談のメリットを5つ紹介します。

メリット①専門家の意見を聞ける

一番大きなメリットは、「専門家の意見を聞ける」です。

親子間(や親戚、親同士など)での間で話し合いでも、意見が出たり、気持ちが軽くなったりすることはあるでしょう。

ただし、そうした人たちは、「小学生の不登校の、専門的な知識」を持っていません。

相談機関やサポート団体には、お子さんの心理状態、これまでの事例、効果的な対応などの専門的な知識やノウハウがあります。

つまり、親子間だけでは思いつかなかった「解決策」などが見つかりやすくなるということです。

メリット②不登校の「次のステップ」を提案してもらえる

LEVEL UPの積み木と人形

具体的な「次のステップ」を提案してもらえるというのも大きな利点です。

不登校の小学生のお子さんは(親御さんも)、心身が元気であっても、「不登校の『次』に、何をどうすればいいのかわからない」という悩みを抱えやすいです。

専門家に相談することで、子どもの状態に合わせた、「次のステップ」が見えてきます。

「次のステップ」の例

・遅刻や早退を認めながら、教室に登校する

・週に何日かだけ、教室に登校する

・保健室登校(別室登校)をする(その後、徐々に教室にも通う)

・適応指導教室に通う(次章で詳しく解説)

・家庭教師や学習塾などを利用する

・転校などを検討する

「次のステップ」を提示するときのタイミングも重要なので、そういった点までアドバイスをもらえるのは心強いです。

メリット③親御さん自身の不安解消につながる

親御さん自身の不安解消につながり、負担が軽減されるというメリットもあります。

親御さんは、次のような自責の念に駆られて、ストレスを抱え込むことも珍しくありません。

「子どもが不登校になったのは、私の責任かもしれない」
「小学生の不登校は、親に原因があるという話を聞いた」

サポート団体などに相談すると、こうした親御さんの不安も解消していきます。

お子さんのことを、親だけ(ご家庭だけ)で抱え込まないことが大切です。

なお、一部の例外を除いて、不登校の直接的な原因は親ではありません(例外とは、児童虐待などのことです)。

「具体的な話ができる相談先」があると、心の支えになりそうですね!

メリット④相談先が、子どもの居場所や話し相手にもなる

仲良しな子どもたち

相談先の団体そのものが「子どもの居場所」になることもあります。

具体的には、以下のような相談・サポート団体です(詳細は後で紹介します)。

  • 教育支援センター(適応指導教室)
  • フリースクール
  • 家庭教師
  • 学習塾

これらは、不登校の小学生にとって、「学校に行く代わりに過ごす場所や時間」になりえます。

勉強面や生活面などについて、直接的なサポートを受けられることも多いでしょう。

また、「居場所」としての機能はない相談先でも、不登校の小学生にとっては、家族以外の話し相手(家族以外の人コミュニケーションを取る機会)はとても大切です。

メリット⑤(医療機関の場合)必要な検査を受けられる

医療機関の場合には、必要な検査を受けられるというのもメリットですね。

具体的には、発達障害の検査を受けるという選択肢が考えられます。

発達障害とは?

先天的な脳の機能の偏りによる特性のこと。ADHD(注意欠如・多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム障害)、LD(学習障害)などの種類があります。特性は、コミュニケーション方法や勉強方法の向き不向きにも影響します。

発達障害が不登校につながる例

  • 特性に合わない勉強方法を続けて成績が上がらず、あるときの学校でのテストをきっかけに自信を失った
  • 周囲と適切なコミュニケーションができず、仲間外れになったりいじめられたりした
  • 学校で発生する音や匂いや光が苦手
発達障害が不登校に関連する場合は、医療機関で検査を受けることで、課題や対応法が明確になる可能性があります。

種類別、小学生の不登校の相談窓口

電話で話をする女性

ここからは具体的に、小学生の不登校の相談窓口を紹介します。

種類を「学校関係・公的機関・民間施設・医療機関」の4つに分けてあります。

全ての相談先に共通するメリットは、次のとおりです。

お子さん

  • 家族以外とコミュニケーションを取るきっかけ・練習になる

親御さん

  • お子さんのことを親だけで抱えなくてすむ

親子両方

  • 専門的な知見からの、具体的なアドバイスが得られる
  • 人に悩みを話すだけでも気が楽になる

また、全てに共通する注意点としては、「人には『相性』があるので、ある相談先が合わなかったとしても落ち込んだりせずに、別の相談先を探すようにする」があります。

なお、最初に相談するべき相手は、「学校の、担任の先生」です(その理由は次章で紹介します。また、他の相手に並行的に相談するのはもちろん問題ありません)。

相談先①学校関係

学校の校舎

学校関係の相談先は、主には以下の4つです。

1:担任の先生
2:スクールカウンセラー
3:教育支援センター(適応指導教室)
4:特別支援教育コーディネーター

1:担任の先生

  • 一般的に、不登校のことを最も相談しやすい相手は「担任の先生」と考えられます。
  • 担任の先生はお子さんのことをすでに知っているため、性格や学業に関する前提を共有しながら相談できます。
クラスの状況や雰囲気も把握していると思いますので、より実情に即した話ができます。特に、小学生は仲のいい同級生が不登校「解決」のカギになることもあります。

クラスメイトとの人間関係の相談もしやすいというのは大きなメリットですね!

2:スクールカウンセラー

  • 担任の先生だけでなく「スクールカウンセラー」に相談するのも有効です。

■スクールカウンセラーとは?

近年のいじめの深刻化や不登校児童生徒の増加を受けて、学校でのカウンセリング機能の充実を図るために配置されている、心のケアやストレス対処の専門家。不登校の子どもだけでなく、親御さんのカウンセリングも行います。

スクールカウンセラーが配置されているかどうかは学校によりますので、まずは、担任の先生に尋ねてみましょう。

3:教育支援センター(適応指導教室)

  • 公的機関の一つでもありますが、「教育支援センター(適応指導教室)」に相談する・通うという方法もあります。

■教育支援センター(適応指導教室)とは?

・主に市区町村の教育委員会が不登校児童生徒の居場所として設置するもの

・学校を管轄している教育委員会が運営しているので、公立学校との連携がしやすい

・「○○学級」などの名称になっている地域もある

・基本的に費用はかからない

教育支援センターは、通所すればそのまま「学校の出席」扱いになるケースも多いんですよ。

活動内容の一例

・時間は9:00〜15:00程度

・先生が勉強を教えることもある

・自分のペースで学習する自主学習の時間もある

・スポーツやアクティビティなどの集団活動もある

ただし、教育支援センターは、「元の学校・教室への登校再開」を前提としたサポートを行います。

子どもが登校再開をまだ考えていない場合は、サポートの内容にミスマッチがあるかもしれません。

4:特別支援教育コーディネーター

  • 発達障害や何らかの疾患が関連する(可能性のある)不登校の場合は、「特別支援教育コーディネーター」に相談するのがよいかもしれません。

■特別支援教育コーディネーターとは

・通常クラスでの授業が難しい児童の支援を行う

・学校内の関係者や、福祉・医療等の関係機関との連絡調整の役割を担っている

・発達障害や疾患が関連する(可能性がある)不登校の子どもの相談に向いている

ただし、学校によっては設置されていないこともあります。

特別支援教育コーディネーターが学校にいるかどうか、まずは担任の先生などに尋ねてみましょう。

相談先②公的機関

受け付けで書類を書く女性

主な公的機関の相談先は、以下の4つです。

1:ひきこもり地域支援センター

2:児童相談所

3:青少年センター

4:子供家庭支援センター

1:ひきこもり地域支援センター

  • ひきこもり地域支援センターでは、不登校や引きこもりの(傾向がある)小学生についての相談ができます。

■ひきこもり地域支援センターとは

・不登校や引きこもりの無料相談が可能

・社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士などの専門家が在籍

・医療機関や民間の不登校支援施設の紹介を受けられる

具体的・直接的なサポートや支援を行う団体ではなく、それらを行う団体を紹介する「相談窓口」となります。

都道府県ごと、または政令都市に設置されていますので、お住まいの自治体の窓口に問い合わせてみましょう。

2:児童相談所

  • 不登校の小学生に限らず、「児童相談所」では、子ども本人・家族からの相談を受け付けています。

■児童相談所とは

・子どもが心身ともに健やかに育てるように、子どもの支援・問題解決を進める専門機関

・児童福祉司・児童心理司・医師・保健師などの専門スタッフが対応

・アドバイスの他にも治療プログラムやカウンセリングも実施

基本的に利用は無料ですが、通常は予約が必要です。電話などで問い合わせてみましょう。

3:青少年センター

  • 青少年センターでは、子どもの不登校から青少年の引きこもりまで、包括的な相談ができます

■青少年センターとは

いじめ・不登校・非行といった、子どもや若者とその保護者が抱える悩みの相談が可能

全国の市区町村に設置され、具体的な名称はそれぞれ異なる(例: 青少年指導センター,青少年相談センター)

インターネットで「都道府県名 青少年センター」で調べれば、お近くの施設を検索できます。

4:児童家庭支援センター

  • 児童家庭支援センターは、子どもと家庭の問題に関する総合相談窓口です。

■児童家庭支援センターとは

18歳未満のお子さんや子育て家庭のあらゆる相談が可能

地域の子育てに関する情報をたくさん持っている

市区町村によって名称が異なる(東京都の例:子供家庭支援センター)

必要に応じて児童福祉施設などの紹介を受けられる

こちらも原則として予約が必要になります。

相談先③民間団体

受付の女性に相談する男女

主な民間団体の相談先は、以下の4つです。

1:フリースクール

2:学習塾

3:家庭教師

4:親の会やNPOなど

1:フリースクール

  • フリースクールは、不登校の子どもが、学校の代わりに通える「居場所」になるところです。

■フリースクールとは?

既存の学校制度や勉強方法が合わない子どもや家庭をサポートする、自由度の高い居場所

学校教育法上の学校ではない

生徒数は10人程度から100人を超えるところまであり、理念や活動内容にもそれぞれ特色がある

フリースクールを探すときには、お子さんに合う場所かどうかをよく検討しましょう。問い合わせや見学をオススメします。

2:学習塾

  • 不登校の小学生に対応した学習塾もあります。

学習塾では、学校に行っていなくても勉強を進めることができます。

■学習塾を探すときのポイント

不登校の小学生の指導実績やコースがあるかどうか

(できれば)個別指導をしているかどうか

不登校に対応・特化した塾では、不登校のお子さんの心理状態を理解した上での授業を行うことができます。

また、完全個別指導であれば、勉強以外に生活面や進路についての相談もしやすいでしょう。

不登校に対応した塾には、不登校経験のある講師がいることもあります。

不登校経験のある講師は、生徒にとってのロールモデルになることができます。

次項で紹介する家庭教師に比べたときのメリットは、「定期的に外出する機会になる」があるでしょう。

不登校の子ども向けの学習塾は、インターネットで「学習塾 不登校」「小学生 不登校 塾」などと検索すると、候補が見つかると思います(例:キズキ共育塾)。

3:家庭教師

  • 「家庭教師」も有効な相談先・頼り先です。

特に「不登校の人向けの家庭教師」もあります(私たち、「キズキ家学」もその一つです)。

前項の学習塾と比べたときのメリットは、「自宅での指導になるので、外出が苦手でも利用のハードルが低い」があるでしょう。

不登校に特化した家庭教師なら生活面や進路についての相談も行えること、不登校経験のある家庭教師ならお子さんのロールモデルになることは、塾と共通したメリットです。

4:親の会やNPOなど

  • 親御さん同士のネットワークとして、「親の会」というものもあります。

■親の会とは

不登校や発達障害など、似た状態にあるお子さんを持つ親同士が意見交換などをする会の総称。一般的には、地域ごとに団体や部会が分かれています。親の会は、会ごとに目的や実施内容が異なり、情報交換、相談、講師を招いての勉強会など、様々な取組を行っています。

また、不登校の小学生を支援するNPOなどもあり、そちらも団体によってサポート内容は様々です(前項のフリースクールを運営するNPOもあります)。

親の会もNPOも、インターネットで検索して、参加しやすいところを探してみましょう。

相談先④医療機関

白衣を着た笑顔の女性

主な医療機関の相談先は、以下の4つです。

1:病院(心療内科など)

2:カウンセラー

3:発達障害者支援センター

4:精神保健福祉センター

1:病院(心療内科など)

  • 病院の中でも、「心療内科」「児童精神科」「小児精神保健科」「児童思春期精神科」などは、小学生の不登校のお子さんの診療が可能です。

■心療内科の特徴

精神状態の診断からカウンセリングまで、メンタル面の全般的な相談ができる

・発達障害の検査をしているクリニックもある

お近くの病院は、「(お住まいの自治体名)+児童精神科」のようなインターネット検索で見つかると思います。

2:カウンセラー

  • カウンセラーには、医者とは違う視点で、お子さん(や親御さん)の心の状態や生き方についての相談ができます。

また、病気や障害を持っていなくても定期的な相談ができる、というメリットがあります。

カウンセラーの中でも、臨床心理士または公認心理師の資格を持っている人たちなら、一般的には信頼できます。

カウンセラーは、インターネット検索でも見つかりますが、「臨床心理士に出会うには」というサイトの利用もオススメです。

参考:日本臨床心理士会「臨床心理士に出会うには

上記サイトでは、「不登校・いじめ・学校不適応」という項目にチェックを入れて、都道府県や年齢で、対応カウンセラーの条件を絞り込むことができます。

3:発達障害者支援センター

  • 発達障害者支援センターとは、発達障害の早期発見と早期支援を目的として、特性に悩む当事者や家族の生活をサポートする機関です。

発達障害の確定診断が出ていない場合でも、発達障害の可能性があるなら、窓口での相談が可能です。

■発達障害者支援センターの特長

・発達障害に特化したサポートを受けられる

・センターによっては、精神保健福祉士や社会福祉士などが在籍

窓口は、各都道府県や指定の事業所に設置されていますので、支援をご希望の方は以下の参考リンクからお近くの相談窓口を探してみるとよいでしょう。

参考:国立障害者リハビリテーションセンター「発達障害者支援センター・一覧|相談窓口の情報

4:精神保健福祉センター

  • 精神保健福祉センターとは、うつ病を含む精神障害をお持ちの方のサポートを目的に、精神保健福祉法によって各都道府県に設置された支援機関です。

不登校の小学生に限らず、心の問題やうつ病による症状で困っているご本人だけでなく、ご家族や関係者の方からも、精神衛生に関する相談を行っています。

■精神保健福祉センターの特徴

・他の支援機関と比較して、精神疾患に特化したサポートを行う

匿名でも相談を受け付けていますので、お子さんの精神状態が気にかかる場合は、まずは電話相談をしてみましょう。

参考:東京都福祉保健局「精神保健福祉センターとは

小学生の不登校を最初に相談するべき相手は担任の先生

黒板と先生の人形

最初に不登校の相談をする相手としては「担任の先生」がよいでしょう。

担任の先生であれば、お子さんの学校での事情や性格に詳しく、家庭が知らない情報を知っている可能性が高いです(もちろん、並行して他の相談先と話をするのは構いません)。

また、進級・進路相談といった「先のこと」まで話せます。

さらに、お子さんの学校での様子を知っておくことは、他の相談機関を利用する際にも役立ちます。

担任の先生と折り合いが悪い場合には、どうすればいいでしょうか?
であれば、養護教諭(保健室の先生)、スクールカウンセラー、学年主任の先生など、学校の別の先生が考えられます。

スクールカウンセラーなどからは、学校外のサポート団体を紹介してもらえることもあります。

残念ながら、学校が全体的に協力的ではない場合は、他の相談先を積極的に利用するようにしましょう。

不登校の相談をする際の注意点

学校外の相談先に不登校の話をするときには、以下の点に注意しましょう。

・あらかじめ、電話やウェブサイト等などで、利用条件、必要な書類、予約の要否などを確認する

・定期的に通うことを考える場合、自宅からの距離や通いやすさも考える

・人には相性があるので、一つの相談先が合わなくてもがっかりせず、次の相談先を探す

まずは「電話で問い合わせる」でも構いませんので、情報を集めてみてください。

まとめ〜不登校の小学生の相談窓口はたくさんありますので安心してください〜

以上、不登校の小学生の相談窓口や相談するメリットを解説してきました。

こんなにたくさん相談窓口があるんですね!
多くて迷う方もいるかもしれません。ですが、「たくさんある」ということは、まずは安心材料として考えてください。

その上で、担任の先生や、相談しやすい支援機関に、どの窓口が最も適しているかなども聞いてみましょう。

不登校の小学生は、必ず「次の一歩」に進めますので、ぜひいろんな相談先をご利用ください。

この記事が、お子さんと、親であるあなたのお役に立ったなら幸いです。

さて、私たち、キズキ家学(やがく)は、不登校のお子さんのための家庭教師です。

13年間で3,000名以上、不登校のお子さん・親御さんをサポートしてまいりました。

不登校についての無料相談を行っており、親御さん自身のお悩みもご相談いただけます。

少しでも気になる方は、お気軽にご連絡ください。